So-net無料ブログ作成

3.11 まさか明日がそんな日になるとは誰も思ってなかった [もろもろ独り言]

今日は東日本大震災3.11から6年経過しました。

その日は静岡の我が家でも大きな揺れがあり(3日後は震度5の揺れがありましたし)
茶箪笥がグラグラ揺れて扉が開いて食器が落ちそうだったので両手で抑え
「止まれ!止まれ!」って強く念じたのを思い出します。

私は本震の前に発生する予震?(P波)を結構感じやすいので
このP波が異常に長く「ん!!これなんかおかしい!!」と思ったら
あの本震でしたね。

少し収まった後
マリンにリードをつけて窓を開け、外に飛び出したのを覚えております。
当時は私の中ではTwitterが流行っていて
電話は繋がらない中、Twitterのリアルな情報を見ると心臓がばくばくしてました。

今は規制してますが、当時の津波や家事の映像がリアルタイムに流れ
走って逃げている方の直ぐ後ろには津波が迫り(映像はそこで切れました)
旦那さんと一緒に「ああ!逃げろ逃げろ!」
ってテレビに向かって叫んでおりました。

その日からしばらくの間は
1階の寝室(真上が2階だったのと、直ぐに避難できるように)では寝ずに
お店で布団を引いて夜を明かしました。


そして3日後富士市を中心に震度5弱の地震が起きた時
我が家もそれに近いくらい揺れ、直ぐに家を飛び出したのですが
マリンがもう「この家怖い!」と言って、遠くに逃げようとし
家に入るのを拒んでおりました(マリンは家の異常があると判断したみたいです)。

しかし家に異常はなく
ライフラインもちゃんと稼働している我が家はまだ良い方だったけど
本当に恐ろしくて「日本大丈夫か?」と思ったのが
福島第一原発事故。

当時の報道では
「直ちに影響はない」「メルトダウン」してない、、って言ってたけど
「メルトダウン」どころか「メルトスルー」していて、、、
広島長崎で過去の映像と同じキノコ雲爆発映像を
まさか自分が生きているうちに見るとは、、、

チェルノブイリ原発事故が過去最高の原発事故かと思ったのに
そのレベルに肩を並べた日本。

政府の「大丈夫だよー!」という報道を信じたい気持ちもあるけれど
いや、ちゃんと真実をみないと、、、
と、ネットでものすごくチェックをし
一般のメディアとは全然違う報道が流れているギャップに
自分はどちらを信じたら良いか悩みました
そして「真実はメディアでは語らない」というのを
知ったのは3.11からでしたね。


そんな3.11、、、

ちょっと前置きが長かったのですが、、、、

地震に襲われ、津波に襲われた時、、、
痛かったでしょう、苦しかったでしょう、息ができなかったでしょう
まさかまさか、自分の身にそんなことが起こるとは思ってなかったと思います

そして生き延びたとしても
家がない、ライフラインがない、寒い、誰も身寄りがいない、
落ち着く場所が避難所にはない
まさかまさか、自分の身にそんなことが起こるとは思ってなかったと思います

そして生き延びたとして、家が無事だったとしても
高濃度に降り注がれた放射能によって
家を余儀なく置いていく
今まで大切にしていた家畜などの大切な資産や慣れ親しんできた土地

つい昨日は「平和」として生きていたのに
まさかまさか、自分の身にそんなことが起こるとは思ってなかったと思います

そこで少し3.11の1日前にタイムスリップして

もし明日がそんな日と知っていたら、私たちはどうしたでしょう?
もちろん「逃げる、避難する」という選択もありです
しかし自分が次の日人生が変わる大きな出来事が起きるとしたら

来るものは来る、、、ならば

私は
その前日、直前まで精一杯生きたいと思ったのです

またそこには「悔いなく」生きていたい
仕事でも、家庭でも、人間関係でも
心残りなく(できたら最小限)で生きていき
その日を迎えた時に
もちろん苦しいけれど、痛いけれど、息ができないけれど
ギリギリまで「生きよう!」ともがくと思うけど
住む家がなくなり、お先真っ暗な絶望が起こったとしても

「前日まで、幸せな日を私は過ごせていて、本当に良かった」
って思いたい。

もしも心残りがあったら
「ああ、あの時あーしてればよかった」と思っても
もうそれは戻れない過去
きっと今の私の心境だと
その戻れない過去を引きずっているかもしれないのです

そんな事を震災直後に旦那さんと話してたんですよね

しかし6年経過すると、月日は流れ
その強い思いは薄れていきます
ジメジメ湿った辛気臭い事を考えたりして
あの当時の思いを忘れてしまう

だけどこうして3.11を迎えるたびに
改めて「毎日精一杯生きていこう」と思う

3.11はあの時の出来事を忘れない事であり
原発の存在を改めて考える日でもあり
防災意識を今一度思い出す日でもあり
そして自分のメンタル面を考える日でもあります

人は必ず死にます
死に方は人それぞれ
そりゃ、前日まで元気でぽっくり、、が理想ではありますが
なかなかそうはいかないでしょ

自分はどんな死に方はわからないけれど
その日を生きる術は、自分次第
明日何があっても
今日「生きててよかった」と思えるように
感謝できるように
そんな風に常に思うと思った

それが6年経過した3.11の私の話です

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 11

コメント 2

hatumi30331

今の幸せに感謝。
悔いのないように生きたいね。^^
by hatumi30331 (2017-03-11 20:11) 

マリンまま

hatumi30331さんへ

こんばんわ!コメントありがとうございます!

ほんと、そう思います。
今から、今を大切にですね!

by マリンまま (2017-03-11 20:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。