So-net無料ブログ作成
検索選択

マリンを擬人化してしまっているんだよね(マリンはビーグル、犬なんだよ) [マリン]

マリン、うみは
可愛い可愛い私の大切な家族であり、子供たち
それは紛れもなく事実であり
誇りであり、幸せである

しかし気をつけなくてはいけないのは
マリうみ(特にマリン)を
「人」として思ってしまうこと

それがエスカレートすると
「なんでこのくらい分からないの!」
ーと、
私たちの言葉を理解するのはままならないのに
人間のように理解しろ
飼い主の言葉を理解しろ
と、飼い主の勝手な思い込みで
「ペットは良き自分の理解者」として
要求してしまう

だからペットと人間との間で
トラブルがあったりするのは
こーゆー所から来ていたりするのである

例えば
「ワンワンーー!」と
好奇心で近づいた小さい子さんが触っても
マリうみは基本は大丈夫
しかし目を触ったり、口を触ったり、尻尾を引っ張ったり
叩いたりするような行為があった時は
言葉を理解していない子でも
それはいけないことだよ(ぬいぐるみじゃないんだよ)
なぜいけないかを説明はしている

またマリうみと仲良くしてもらっても
他のワンコではそーは行かない場合もあるので
「こんな風に触れるのはマリうみだからだよ」
というのを説明している
可能なら「触ってもいいですか?と、一言聞いてから触ろうね」
まで伝えている(ママに向けての言葉でもある)

擬人化、ぬいぐるみではない
「犬」なんだからね
そこの一線は必ずあると思う

しかし私はその線はかなり「人間」よりであった、、、
「あーー、かなり擬人化してたな」
という反省のエピソードをお伝えする


若い頃はあまり食べ物に執着はしてなかったマリン
しかしシニアになると
多分1回の量を少なくしてるからだろう
「ご飯くれくれ」モードが強くなってきた

だからキッチンで夕飯を作っていると
シンクの下を寝そべって陣取ったり
私が歩くたびにストーカーになってまとわり付く
一見それは可愛い行為でもあり
以前はそのまま放っておいたのだが

やはりキッチン周りなので
料理した熱い鍋や油などを持つ時に真下にいると非常に危ない
油断して踏んづけてしまったり
蹴ってしまったりするのも何度か

そしてストーカーのように纏わり付かれると
ものスゴく急かされているような心境にもなり
プレッシャーとイライラが募ってきて
ふとした瞬間(ぶつかったりした時に)
咄嗟に怒ってしまったり
「あ!」と大声を出してしまったりするのである

そうなるとマリンは怒られたということで(まあ実際怒られたんだけど)
ショボンと頭と尻尾が垂れて
隣の部屋にいってしまい
実際ご飯ができて呼んでも来なかったり
ビビってご飯を食べなかったりするのである

完全に自分が悪いけれど
料理に集中してる時に
足元まで気をつける余裕がないし
本当に危ない

そして怒る自分というのが
「なんで何回もダメっていってるのに分からないの?」
という勝手な思い込みから来ているものだろう

マリンにとっては
「いつもは平気なのに、なんで急に怒るの?」
と思っているだろう

確かに
OKな時と、急にダメな時の区別がわからないのだ

マリンならわかってくれる
マリンなら私の言葉を理解してくれる

というのは、、

あかんな。。。(苦笑)


なのでルール作った
マリンにルールを説明し教えてみた

するとね、、、

マリンはここで待機してもらうことにしてもらいました
マリンはここで待機してもらうことにしてもらいました posted by (C)びーぐるマリンうみ

ちゃんと、、ここで待ってるんだよね
まあ、時々はフライングでやって来ちゃうけれど
そんな時は
「マリン、ここで待ってて」と説明し誘導させる

そしてずっと待っている時は
お利口お利口!と褒めまくり
そして最終目的の「ご飯」は
その待機場所からOKのサインを出す

マリンは「ここに居ればご飯がもらえる!」
というが少し理解できたようだ

マリン、素晴らしいよ!

擬人化はしてはいけないけれど
こうしてちゃんと説明をして
ちゃんと教えてあげれば
犬はできるんだな

って改めて思った
「わかってくれる」じゃないんだよね



え?うみちゃんですか?

ここにいます、、、

いた!
いた! posted by (C)びーぐるマリンうみ

わかりました?

わからない方、、、

では大サービス

わかった?もうちょっとわかりやすくするよ
わかった?もうちょっとわかりやすくするよ posted by (C)びーぐるマリンうみ

うみちゃんは食べ物への執着はすごいし
ずる賢い娘さんなので

マリンが怒られるシンクの下には基本はいない
ちょっと離れた(私に怒られない)場所を理解し
そこで待機(しかし必ずキッチンが見れる位置)
そして私がシンクから離れた瞬間を狙って
シンクの下に行き、何か落ちてないかチェック

すごいわ、、この子は(苦笑)

同じビーグルでもそれぞれ考え方が違うんだな、、、

パピーの頃からマリンと暮らしているから
こうして「なーなー」になる
おかーさんの言うことは全て分かってくれる
じゃないんだよね

マリンには良い子だから
おかーさん要求しすぎちゃったところもあるね

それは本当に反省すべき点だ

マリン良い子だね
マリン良い子だね posted by (C)びーぐるマリンうみ

良い子すぎて健気なマリンは本当に可愛い
良い子すぎちゃうから要求しすぎて本当にごめんね



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デザインまりんぼうFacebook→デザインまりんぼう
リフレクソロジー南箱根サロンFacebook→リフレクソロジー南箱根サロン
やまさきあかねの【Facebook】 【Twitter】 【Instagram】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自然豊かな南箱根。丸太小屋のハイジのような屋根裏部屋のサロンでリフレクソロジー」足を通じて体の大掃除、整えてみませんか?(毎日お疲れ様のお父さんにもお勧めします!)
リフレクソロジー南箱根サロン
◯リフレクソロジーゆったり60分コース(フットバス付き):5,000円(税込)

詳細はこちらをご覧ください→リフレクソロジー南箱根サロン
お問い合わせ・ご予約はこちら→ リフレクソロジー南箱根サロンメールフォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「マッサージはペットとの最高のコミュニケーション!」
シニアにはオススメ!リンパマッサージを中心に硬くなった筋肉を緩めリラックスしてもらい、リフレクソロジーで足から体の部位に信号を送って体を整えるマッサージ。飼い主さんも一緒に幸せな時間を!
ペットマッサージ南箱根サロン
◯(ご自宅まで出張)20分ペットマッサージ・リフレクソロジー:2,000円(税込)
◯(飼い主さんにお教えします)60分ペットマッサージ・リフレクソロジー講座:5,000円(税込)
詳細はこちらをご覧ください→ ペットマッサージ南箱根サロン
お問い合わせ・ご予約はこちら→ ペットマッサージ南箱根サロンメールフォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あかねマガジンso-net用.jpg
自由に書きたいから広告費なしの自費出版!
独断と気ままにあかね編集長が好きなことを頑張ってる、楽しんでいる人をご紹介!
読むとワクワクする、一歩踏み出したくなるプチフリーマガジン
南箱根より「あかねマガジン」→申し込みフォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あなたの大切なペットの思い出を語ってください。そしてそのイメージを心を込めて1枚のアートに、または4コマ漫画にします」
あかねワールドの「ペットメモリアルアート」
B5サイズ:ペットイラスト(デジタル手描き・印刷・額付):18,000円(税別)
*こちらは1頭(または1人)に付きの金額です、追加の場合は1頭(お1人)につき3,000円プラスとなります(税別)。

詳細はこちらをご覧ください→ デザインまりんぼう
お問い合わせ・ご予約はこちら→ デザインまりんぼうメールフォーム

ペットメモリアルアートのチラシをお届けします!
1部からでもOKです!ご興味あるかたはご一報ください!

チラシ両面_edited-1.jpg

画像をクリックすると拡大します


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あかね作「海のイラスト」をアートメーターで販売します!
アートメーター(やまさきあかね作品)

ハガキサイズです。
海の様々な色、光、そして住む生物たちをあかねワールドで描いております。
特にイソギンチャク系の極小マクロの世界が多くなると思います!





nice!(9)  コメント(2) 

nice! 9

コメント 2

hatumi30331

マリンも、うみちゃんも元気そうやね。^^
あかねちゃんは、進化してるし〜
すごくうれしい!^^
今日もいいお天気!
じっとしてるのは勿体ないくらいやね。
さて?ゆら先生来るけど・・・どうするかな?^^;
by hatumi30331 (2017-03-20 07:30) 

マリンまま

hatumi30331さんへ

こんばんわ!コメントありがとうございます!

はい、15歳と13歳ですが元気でなによりです!

進化してるかな〜?自分ではわかりませんが、そう言ってくださると嬉しいです\(^o^)/


by マリンまま (2017-03-20 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。