So-net無料ブログ作成

あたし、あなたと一緒に高校進まないから、、と言えた勇気を思い出す [もろもろ独り言]

とある思いから、昔の自分が浮かんできた

小学5、6年の頃に同じクラスのKちゃん(女の子)
仲良しなんだけど、いじめられてました。

お尻蹴られたり、トイレに閉じ込められたり
物を隠されたり、、まあ色々だけどね

泣いて泣いて学校行きたくないと言って
姉はすごく心配したけど
母は絶対に学校に行けだった

すごく嫌だったのは
私以外の同級生もいじめていて
それを自分も共有しないと(いじめ側)に
入るのが嫌だった

Kちゃんの前では嫌と言えない幼少期。

まあ、そんなことがありましたね。

で、中学に上がって
別々のクラスになったけど
私がソフトボールに入ったら
Kちゃんも入ってきてね、、、

まあ先輩もいたので(姉が部長だったのよ)
いじめとかそーゆーのはなくなったし
クラスも違うから
普通に友達としては付き合ってたけどね。


でも、3年になった時にKちゃんは部長、私は副部長
クラスは離れていても何か上下関係が変わらない


また小学生の時の傷は消えなかったから

部活以外では別の友達と一緒にいる機会が多くなり
そのまま自然に離れると思っていた

ら、、、

高校への進路を決める時
Kちゃんから「一緒の高校にいこうね!」
って言われたんだよね

で、正直、、、
私はKちゃんより成績がめちゃくちゃ良かった、、、

え?ここまで一緒に行くの?
え?ここまであなたに合わせなくてはいけないの?
高校でも部活が同じとかで
上下関係が続くの?
って、正直怖くなってしまったんですよ。

でもそこで断ったらどうなるのってね?
そーゆー怖さが生まれてきたんです

そこで姉に相談したら
「典ちゃん!だめ!ここで離れなさい!」
「で、お姉ちゃんがそう言ったからって断っても良いから」ってね

そう言って励ましてくれたおかげで
「家族から、この高校に行きなさいと言われたから
あなたと一緒の高校にはいかないよ」って断れた

正直に言えればいいけれど
そこまで勇気はなく
家の事情で、、という理由を使ってしまった

でも、お陰様で完全にKちゃんとはおさらばして
高校時代は私にとっても素敵で楽しい3年間になった。


なぜ、こんなことを思い出したかというと

自分が相手に合わせようとしている心が
未だに残っているところもあり

また、相手を自分に合わせようとする心があり

両方とも嫌だな、、って思った。


その具体例にKちゃん
Kちゃんは自分のレベルの高校に私を合わせようとした
また自分はそれに合わせようとしてしまったかもしれない

そこに私はいない
そこに私の本心がいない
そこに私の意志がない

というか、本心や意志はあるのに
合わせようとした自分がいる

そこに自分がやりたい信念が強くなかった

それよりも顔色をうかがっている自分がいた

それがね、、、今日もあったってわけ

相手のネガティブに自分も合わせて
結局自分のネガティブになって
自分の心にベールをかけた

別に人のせいじゃない
自分の問題

自分の心がちゃんと見えてれば
「No」と言えるんだよね


中学生の自分
確かに姉がいないと、自分を殺していたかもしれないけれど
それでもNoと言えた勇気を称えよう

そんな勇気を思い出して
この先も周りに引きずられないようにして
生きていこうと思う。


ってな話でした!




nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 9

コメント 2

hatumi30331

本来の自分の気持ち、自分の意見、自分自身に気付くことから始まるのよね。
私はこう思う!って言える人になろうね〜♪って
小学生に授業でいつも言ってます。
電話相談でも、あなたはどう思うんですか?
ってよく聞き返すのよ。
人に決めて欲しい!っていう人が多いからね〜
でも、最後は自分の気持ち! 自分で決めなきゃです!^^
by hatumi30331 (2017-08-02 09:51) 

マリンまま

hatumi30331さんへ

こんばんわ!コメントありがとうございます!

今までは「人に決めてほしい!」
という気持ちが絶対の私だったんですよね。

ようやく気がつき、ようやく自立をしようと思い始めた47歳です(笑)

by マリンまま (2017-08-02 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。