So-net無料ブログ作成
検索選択

症状が出てるってことは、こーゆー意味もある【からだの四コマ漫画】 [健康について]

170812a_edited-1.jpg
170812b_edited-1.jpg
170812c_edited-1.jpg
170812d_edited-1.jpg

昨日のブログ→「反射区ゴリゴリしてみたら」

ちょっと奥が深い話なのですが、、、

私も今の見解としては
症状は2パターンがあって

体が弱っているサインというのが一つであり
もう一つは、元気だからこそ今戦って、その名残が出ているというサインでもあるのです。

二つ目で「じゃあ元気だから、戦った後だからそのままでいいのか」
って訳ではなく、戦っているのですから
体はヘトヘトに疲れます。
それを労ってあげる。
睡眠だったり、栄養だったり、断食して消化器系を休めてあげたり
あと、とても大事なのは「戦うきっかけとなった原因」を突き詰めないと
また同じ繰り返しがある
そしてそこにまた体にダメージを与えるものを取り込んでしまうと
体はまた戦わなくてはならず
症状はいつまでたっても減らない、、ってこと。

だからその原因を知る=自分の体を見つめる良い機会
そして「戦ってありがとう」と感謝する機会なのかもしれません。


そんな感じで、この「もう一つのこと」を知ったのは
以前リフレの先生から「ペルペス」について学んだ時に
読んだ本で同じようなことをおっしゃっておりました。

そして昨日「原因療法」という初めて聞く療法を知り
その内容な納得したので
ちょっと勉強してみようかと思います。
(ちなみにペットバージョンの話なんだけどね、、、ええ、まずはマリうみ優先!笑。でも人間も考え方共通してるので、人間とペットを同時に捉えて考えてみたいと思います)







ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デザインまりんぼうFacebook→デザインまりんぼう
リフレクソロジー南箱根サロンFacebook→リフレクソロジー南箱根サロン
やまさきあかねの【Facebook】 【Twitter】 【Instagram】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マッサージはペットとの最高のコミュニケーション!」
シニアにはオススメです
飼い主さんも一緒に幸せな時間を!
ペットマッサージ南箱根サロン
◯(ご自宅まで出張)20分ペットマッサージ・リフレクソロジー:2,000円(税込)
◯(飼い主さんとペットも同時に癒しましょう)20分ペットマッサージ・リフレクソロジー&飼い主さんはハンドリフレクソロジー:4,000円(税込)
◯(飼い主さんにお教えします)60分ペットマッサージ・リフレクソロジー講座:5,000円(税込)
詳細はこちらをご覧ください→ ペットマッサージ南箱根サロン
お問い合わせ・ご予約はこちら→ ペットマッサージ南箱根サロンメールフォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あかねマガジンso-net用.jpg

自由に書きたいから広告費なしの自費出版!
独断と気ままにあかね編集長が好きなことを頑張ってる、楽しんでいる人をご紹介!
読むとワクワクする、一歩踏み出したくなるプチフリーマガジン
南箱根より「あかねマガジン」→申し込みフォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

足から元気に!足から幸せになろう!

リフレクソロジー南箱根サロン
◯リフレクソロジーゆったり60分コース(フットバス付き):5,000円(税込)

詳細はこちらをご覧ください→リフレクソロジー南箱根サロン
お問い合わせ・ご予約はこちら→ リフレクソロジー南箱根サロンメールフォーム


出張リフレクソロジーも承っております!
(函南町やそのお隣の市町は施術料プラス500円)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あなたの大切なペットの思い出を語ってください。そしてそのイメージを心を込めて1枚のアートに、または4コマ漫画にします」
あかねワールドの「ペットメモリアルアート」
B5サイズ:ペットイラスト(デジタル手描き・印刷・額付):18,000円(税別)
*こちらは1頭(または1人)に付きの金額です、追加の場合は1頭(お1人)につき3,000円プラスとなります(税別)。

詳細はこちらをご覧ください→ デザインまりんぼう
お問い合わせ・ご予約はこちら→ デザインまりんぼうメールフォーム



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 4

コメント 2

hatumi30331

今、膝に出てる湿疹がヤバいので・・・
薬縫ってるよ。^^
これ、長年のお付き合いなのよ。^^;
by hatumi30331 (2017-08-12 12:25) 

マリンまま

hatumi30331さんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。

体内から出せないものを、湿疹という形から出そうとしているのもあるので、ひとつの方法としては「腸」に注目するのもありです。


by マリンまま (2017-08-12 15:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。